自己紹介のご挨拶

a440cec54e171b75c1a36de8438a95a2_s
 

はじめまして、当サイトをご覧いただきありがとうございます。
管理人の「たぬ」と申します。

東海地方に在住、
38歳の兼業主婦です。
旦那様と2人で平和に?暮らしてます。

趣味は読書とインターネット、
あとは近所のカラオケサークルに月2回ほど通っています^^

数年前から「シャンプー後の抜け毛」が気になっていたのですが、あまり見ないようにしてやり過ごしていました。

しかし!

ある日、中学校時代の同窓会があったときのこと……。

できるだけのオシャレをして出かけてはみたのですが、同じ年であるはずの周りの皆を見てあることに気づいたのです……。

「あれ、私、もしかして髪が薄くなって……る!?」

同じ年の同級生たちと比べると、私の髪には明らかにボリュームがないのです><

地肌が見える領域があきらかに増えていて、なんというか……

――焦りました。

旦那様に、
「な、な、なんか、私の髪の毛うすくなってない!?」

と聞いても、

「だ……だいじょうぶだよ……たぶん……

と、何が大丈夫なのかさっぱり分からないお返事をいただき、ますます焦りが……。

思い返してみれば、仕事が忙しくて家事もしなきゃで、何かと自分のことをおろそかにしてたり、
ブラッシングもシャンプーもわりと適当、
夜更かししたり、仕事中にストレスでお菓子をたべまくったり……
当時はタバコも空気のように吸いまくっていまして。

こりゃあ、ダメだ、と。

……なんとかしなくては!!

そう思い立ち、それからはもう必死で髪をいたわりました。

自分でも仕事をしているとはいえ、旦那様の手前、あまり盛大にお金も使えません。
薄毛を隠すためのウィッグにも憧れた時期があったのですが、めちゃくちゃ高いし……

どうしたもんかと悩みに悩んで、育毛剤を使ったケアをスタートしました。
(育毛剤なら、ヘソクリで買えました^^;)

最大限に育毛剤の効果を高めたかったので、薄毛のメカニズムを研究し、日常生活にも気をつけて、
禁煙もしたし夜は0時には寝るようにして……

あれこれ工夫と改善をしつつ、ケアしていきました。

髪の毛って、あるときにはなんとも思わない「あって当たり前」の存在なのですが、
いざ、失ってみると、めちゃくちゃ焦ります。

今は、お手入れの甲斐があってか、少しずつ髪にボリュームが戻りつつありますが、当時は
「私の人生終わった!」とすら思いましたもの><

地肌が透けて見えてたころは、髪の薄さが気になって、外出をしても楽しくない、
誰にも会いたくない、ずっと部屋にこもっていたい……と、
かなりのネガティブモードでした^^;

まさに髪は女の命。

当サイトでは、そんな私の薄毛経験を生かして、髪に関する情報を発信していきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

何かありましたら、下記のお問い合わせフォームよりご連絡くださいませ^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

サブコンテンツ

このページの先頭へ