その抜け毛、放っておいて大丈夫?危険な抜け毛のチェック方法3点!

人間の髪は1日に約70本、抜け落ちるといわれています。

97d417d3637479c3dc375490f6f89a75_s

季節の変わり目などで、とくに抜け毛が増加する時期もあり、
一概に「何本抜けたらマズいかも」という基準を定めるのは難しいものです。

約70本抜け落ちると言っても、全部拾い集めて、
「1本……2本……」と数えるわけにもいきません^^;

髪が抜けるのは当然の摂理なので、ある程度の抜け毛量でしたら、
そんなに気に病むことはないと思います。

ただし、

「ブラッシングをしたら、明らかにおかしい量がゴッソリと抜ける」
「朝起きると、枕にくっついた抜け毛の量がはんぱない」
「シャンプーをすると、排水溝にゾッとするほどの髪がからまっている」

など、
「いつもと比べて何か違う気がする!!」と感じた場合は、注意が必要です。

気のせい気のせい……と見ないフリをして放っておくと、
薄毛や髪のボリュームダウン、地肌が見えてしまうほどに髪が抜け落ちてしまう可能性も……。

では、危険な抜け毛と安心な抜け毛の違いは、どうしたら分かるのでしょうか?

というわけで今回は、
「キケンな抜け毛のチェック方法」について書いていきますね。

危険な抜け毛のチェック方法 3点チェック!

3点

ではまず、抜け毛を数本拾い集めて、白い紙の上に置いてください。

(白い紙のほうが、毛の状態を目視で確認しやすいため)

そして……

チェックポイント①髪の長さ

ご自身の髪の長さと比べてみて、短すぎる髪が多くはないか? をチェックしてみましょう。

>短い髪がたくさん抜けているということは、
ヘアサイクルが乱れた結果、髪の寿命が早まっている可能性が高いです。

チェックポイント②髪の細さ

過去のご自身と比べて、細すぎる髪が多くなってはいませんか?

>女性の脱毛は、男性の脱毛とはちがい、
毛量はほとんど変わらずに、細くハリやコシが無くなっていく傾向があります。

昔と比べて、髪が細くなってきた、頼りない髪が増えてきたなぁと感じた場合は、
できるだけ早いお手入れをしてあげましょう。

チェックポイント③毛根部分(髪の根元部分)

抜け毛の根元部分を見てみてください。

肉眼だと見えにくいかもしれませんが、虫眼鏡などを使って見てみてください。

髪の根元が、先細りのゴボウ状になってはいませんか?

>正常なヘアサイクルの髪は、根元部分が棍棒状にふくれています。
反して、頭皮で何らかの異常が起きているときの髪は、
髪の根元が弱弱しく、頼りなさそうな先細りの状態になっていることが多いです。

まとめ

以上3点、
「危険な抜け毛のチェック方法」を解説させていただきました。

健康な植物

ちょっと怖くなるような内容でしたが、
一度ぬけてしまった髪でも、毛穴がある限りはまた生えてくると言われています。

抜け毛の原因となるものを排除し、
頭皮にじゅうぶんな栄養を届けてケアを進めていけば、
ヘアサイクルは元にもどるのです。

当サイトでおすすめしている女性用育毛剤もぜひ、参考にしてみてくださいね。

あなたの髪が、健康でつややかになりますように♪

→女性向け!はじめてでも失敗しない、育毛剤おすすめランキング!

サブコンテンツ

このページの先頭へ