煙草は髪の天敵!薄毛抜け毛の原因になるので注意。お酒もほどほどに

灰皿

お酒やタバコは女性の薄毛や抜け毛の原因となることも多いです。

お酒とタバコを比較したとき、圧倒的に髪に悪影響なのは喫煙――「タバコ」です。「ストレス解消のために、タバコがやめられない!」という人にとっては、なんとも耳が痛い話ですね。

しかし、お酒も場合によっては髪に良くないことがあります。

ここでは、お酒とタバコの悪影響について解説していきます。

お酒は飲みすぎによる生活習慣の乱れに注意!

お酒が女性の髪に与える悪影響

アルコールそのものは直接的には髪の毛に悪影響を与える心配はありません。

適量をたしなむ程度であれば、体もぽかぽか温まるしストレス解消にもなるのですが、度を越した飲酒は体調不良や睡眠不足などの「生活習慣の乱れ」を併発する恐れがあります。

生活習慣が乱れると、髪が生え変わる成長ペースや元気な髪を生み出す細胞の働きもおのずと乱れます。毛根の成長にとって、質の良い睡眠をとることは重要要素のひとつです。

深酒は健康な髪の育成を妨げてしまう可能性が高いので、薄毛や抜け毛対策を本格的にしていきたい場合は、お酒はほどほどにするのが良さそうです。

髪の天敵!喫煙(タバコ)の悪影響!

看護婦さん

タバコのニコチンには、血管を収縮させる作用があります。

その為、頭皮毛根や全身の血のめぐりを悪化させ、髪の毛の成長に悪影響を与える可能性が高いのです。

また、タバコは体内の活性酸素を増やしてしまい、細胞内のDNAを傷つける可能性も指摘されています。

ニコチンは血管だけでなく、体全体に多大な健康上のリスクをもたらします。

あと、単純に煙のにおいが髪についてしまい、独特の香りが残ってしまいます。せっかく髪の毛をきれいに整えていても、タバコのにおいがぷんぷんしていたら、せっかくのヘアケア効果も台無しになってしまいます……。

薄毛・抜け毛でお悩みの方はできるだけ禁煙をするのが望ましいです。

 

談ですが、実はかく言う私も、数年前まではそこそこのスモーカーでした^^;

当時は「息を吸う代わりにタバコを吸っていた」ような感じでしたが、今ではすっかり禁煙に成功しています。

私の場合は体調を崩したのがキッカケでタバコを控えるようにしたのですが、タバコを吸っていたときと今とを比べると、髪だけではなく、ノドの調子や体調、肌のツヤも確実によくなってきています。

以前は、階段を数段のぼるだけでも、ゼィゼィヒィヒィ言ってましたから^^;

長年の習慣でどうしても辞められないかたもいらっしゃると思いますが、髪の為、健康の為にも、禁煙――せめて減煙をしてみてはいかがでしょうか。

「タバコを吸いたいピーク」を越してしまえば、案外「タバコの無い生活」に慣れるものですよ^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ