抜け毛が増えた理由は季節のせい?

季節の変わり目は、抜け毛が増えやすい時期だといわれています。

とくに

秋は、抜け毛の量が格段に増えるシーズンです。

秋の落葉

夏の間は、厳しい紫外線から頭皮を守る為に、髪の量は多くなります。

しかし、夏が終わって紫外線の量が減ってくると、これまで頭皮を守っていてくれていた髪は
「役目は果たした!」といわんばかりに、ハラリハラリと抜け落ちていくのです。
一般的に、成人女性は1日にだいたい70本~100本ほどの髪の毛が抜けていきます。

しかし、秋になるとその本数は若干、増えるといわれています。
「シャンプー時に、ごそっと毛が抜けた!」
「部屋中に抜け毛が……毛が……!」

と、季節の変わり目は抜け毛の量に圧倒されて不安になりがちですが、
秋の抜け毛は人間の生理現象のひとつなので、そこまで気にする必要はありません。

しかし!

「冬になっても抜け毛が止まらない」
「秋とはいえ、尋常じゃない量の毛が抜けている」

といった場合には、別の要因を疑ってみる必要があります。
たとえば、抜け毛をよーく見てみたとき、

・根元部分がほっそりしている
・短い毛がいっぱい落ちている
・細い毛が落ちている

このように、抜け毛の状態が「ほっそりして頼りない毛が多いな?」と感じた場合は、
季節の変わり目とはいえ、別の要因を疑ってみることも必要です。

将来の薄毛につながるような抜け毛の要因足りえることもあるので、
一度、抜け毛の状態をチェックしてみてくださいね。

【参考】危険な抜け毛のチェック方法3点!

サブコンテンツ

このページの先頭へ