コーヒーを飲むと抜け毛が増えて、薄毛になるって本当?

こんにちは、管理人のたぬです。

突然ですが、コーヒーはお好きですか?
私は大好きです。

コーヒー

一日に3杯は飲まないと落ち着かない今日この頃、

朝起きて1杯、
ランチ後に1杯、
コンビニに入る度に1杯……

常に、コーヒーと共にあるような毎日です^^;

ところが!

ある日、流し聞きしていたラジオから、こんな情報が……。

「コーヒーを飲みすぎると、抜け毛が増えて、薄毛になるから気をつけたほうがいい」

……

――えぇぇぇえぇぇ!!ヽ(゚Д゚;)ノ

まさに、寝耳に水です。
そんなバカな。

コーヒーは好き、
でもこれ以上、薄毛が進行するのは勘弁して欲しい!!

メディアや雑誌でよく見かけるコーヒーに関する情報は、
「どっちやねん!」と突っ込みたくなるような情報が多く、

例えば、

「コーヒーは体にいいから、是非飲んだほうがいい」
「コーヒーは体に悪いから、あまり飲まないほうがいい」

など、相反する情報が飛び交っていることが多々あります。

そこで!

今回は、コーヒーと薄毛に関するテーマで情報を集めてみたので、
記事にしていきたいと思います。

コーヒーは飲みすぎなければ、体に良い!

まず、結論から言うと、

①「コーヒーは飲みすぎなければ、薄毛にはならない」
②「コーヒーは飲むタイミングに気をつける」

この2点に尽きます。

コーヒーにはリラックス効果、カフェインでの覚醒効果があり、
適度に飲むぶんには問題ありません。

おいしく飲んだ結果として、

・毛細血管が広がり、血流が良くなる
・中枢神経が刺激され、集中力がアップ!
・代謝が良くなり、脂肪分解、ダイエットにも良い

と、数々の嬉しい作用があります。

しかーし!

何事も、やりすぎは禁物。

適度に飲む分には、体に良いのですが、
カフェイン中毒になってしまうぐらい飲み散らかしてしまうと、
悪影響が出てきてしまうのです。

コーヒーが髪・頭皮・体に与える悪影響とは?

驚くネコ

カフェインを摂りすぎると、
めまいや吐き気、イライラ、胃が痛いなど、体調を崩す原因になりますし、
覚醒効果によって不眠を引き起こすこともあります。

薄毛の原因に直結する、主な悪影響は全部で3つ。
順番に見ていきましょう。

悪影響① 睡眠不足

髪は、寝ている間に成長が促進されます。
良質な睡眠の確保は、頭皮環境にとって最重要事項といってもよいほどですが、
カフェインによって眠りが妨げられると……

そう、
頭皮細胞の成長が滞り、結果として髪がだんだん弱くなっていってしまうのです。

睡眠が足りないと、髪のハリ、ボリュームが減り、
たよりない、ヒョロリとした髪質になりやすくなります。

カフェインの効果が完全に切れるのは、約5~6時間必要だと言われています。
夕方以降はコーヒーを控える、などの対策を取るのが懸命です。

悪影響② 冷えからくる血行不良

コーヒーは体を冷やす飲み物なので、摂りすぎることによって冷えを起こし、
結果、血流が悪化します。

血流、血行不良は、抜け毛の原因に直結するので注意が必要です。

→血行不良は薄毛・抜け毛の原因に!血流の改善ポイント5点を解説!

悪影響③ 食後すぐのコーヒーは、亜鉛、鉄分の吸収を妨げる!

コーヒー好きにとって、食後のコーヒータイムは至福のときですが、
実は、食後すぐにカフェインを摂取すると、亜鉛・鉄分の吸収を妨げてしまうのです。

亜鉛は髪にとって大事な栄養素。

もし、どうしても食後にコーヒーを飲みたい場合は、少し時間を置いてから飲むようにしましょう。

まとめ

以上、
「コーヒーと薄毛の関係性」について、解説させていただきました。

コーヒー

基本的には、飲みすぎなければOK! ということで、

カフェインに対する個人差はあると思いますが、
1日に3杯くらいまでなら許容範囲だと言えそうです。

カフェインは、コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶などにも含まれているのでご注意を!


頭皮環境の為に、コーヒーの大量摂取は避けたいところですが、
もし、どうしてもどうしても、

「寝る前にもコーヒーが飲みたい!」
「もっとたくさんコーヒーを! 飲みたい! うああああ……」

という禁断症状になった場合は、カフェインレスのコーヒーを飲むのもオススメです。


カフェインレスコーヒー 10gx9バッグ【送料無料お試しセット】カフェイン約97%カット

↑ これは、私もお気に入りのデカフェ(カフェインレスコーヒー)です。
楽天ショップの詳細ページに飛びます。

薄毛対策の道は、一日にして成らず!

少しずつでも、できることからはじめてツヤある髪を取り戻しましょう^^

サブコンテンツ

このページの先頭へ