薄毛や抜け毛が気になるんだけど、海に行っても大丈夫?

薄毛や抜け毛で悩んでいるときに、
海水浴のお誘いがあって悩むことはありませんか?

海

「髪へのダメージは気になるけど……せっかくの海だし……」
「家族で海に遊びにいくけど、海水って髪に悪くないかなあ?」

と、ちょっと困ってしまう時があると思います。

泳ぐといえば……

プールでの塩素の影響については、下記の記事で解説させていただきました。

【参考】プールの水、塩素は髪に影響があるの?

プールのときは塩素が髪に与える影響が気になりましたが、
海といえば、塩水、そして紫外線が気になるところ。

当記事では、
「海水浴が及ぼす、頭皮への影響と対策について」を書き記していきたいと思います。

★海水浴が及ぼす、頭皮への影響!

波打ち際

・海水の塩分

髪を作っている主成分に「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質があります。
そして、塩分――海水は、このケラチンを溶かしてしまう可能性が高く、
海水は髪を傷める原因に直結します。

また、海の水に含まれる塩分そのものの影響もダメージにつながります。
たとえば、きゅうりやナスなどの野菜に塩をふりかけると柔らかくなります。
この原理は、塩が野菜の水分を吸いだすことによって起こり得ます。

髪や頭皮に塩分が付着すると、塩分は髪の水分を吸い出します。
結果、髪がゴワついたりパサパサになってしまうのです。

さらに……
塩分によって、水分が減った状態というのは、とても乾燥しやすくなっています。
頭皮の乾燥は、抜け毛や薄毛の原因のひとつ。

海水の塩分は、髪にも頭皮にも悪影響を及ぼすのです。

 

・紫外線

ビーチパラソル

野外である海は、紫外線によるダメージも受けてしまいます。

日常生活時にも避けたほうが良いとされる紫外線を、直で長時間受け続け、
さらにそこに海水でのダメージが加わると……

髪や頭皮への影響は計り知れません。

頭皮も皮膚の一部です。
肌と同様に、日焼けによってヒリヒリしてしまったり、場合によっては赤く腫れてしまいます。

頭皮へのダメージは、ヘアサイクルの乱れを起こします。

サーファーさんの髪が茶色く痛んでしまっているのは、
主にこの「海水の塩分」と「紫外線」の影響の為です。

 

★どうしても海水浴をするときは、徹底的にケアをする!

砂浜の絵

髪や頭皮にダメージはあるけど、
どうしても海水浴に行かなくては行けないときもありますよね。

家族や友人、職場での付き合いだったり、
どうしても海で遊びたい気分だったり^^

そんな時は、髪専用の日焼け止めを使うのもおすすめです。

たとえば、こちら。

Extra UV Hair Essence / エクストラ UV ヘア エッセンス

 

サーファーさんご用達の、髪用の日焼け止めなのですが、
ウォータープルーフなのでお水の中でも大丈夫。

もちろん、使いすぎは頭皮に良くないですが、
どうしても炎天下の海で遊ばなければいけないときは、こういったアイテムを上手に使っていきましょう。

そして、海水から上がったら、できるだけ丁寧に髪と頭皮のメンテナンスをしてあげましょう。

海で遊んだ夜は、疲れてそのまま寝てしまいたい気持ちにもなりますが、
ここでなんとか、手入れをしてあげれば、その日に受けたダメージを最小限に抑えることができます。

丁寧にシャンプーをして、タオルドライ。
ドライヤーも手早く優しく!

育毛剤を使ったケアもご一緒に。

→女性用 おすすめ育毛剤ランキング!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ