ほかの女性育毛剤に浮気心が芽生えたらどうすればいい?

今日の質問です。

育毛(モウ)先生、こんにちは。

私の悩みを聞いてください。

今、ベルタ育毛剤を使っているのですが、
使い出して2ヶ月目に突入した現在、
まるで毛が生えてくるきざしがありません。

あまりの反応のなさに、むくむくと浮気心が沸いてきてしまい、
このごろは別の育毛剤が気になって気になって仕方ないです。
育毛先生、こんなときはどうしたらいいですか?
今の気分に任せて、思い切って浮気心を本気にしてしまってよいのでしょうか?

35歳 会社員女性 既婚 東京都

6ヶ月

育モウ先生

お手紙、ありがとうございます。
はい、今日も可憐な、育モウ先生ですよ、モウ。

確かに、2ヶ月目で反応がないって、不安になりますよね。

そういえば、2ヶ月目といえば、男女関係の間でも倦怠期に差し掛かる時期ですね。

「本当にこの人を選んでよかったのかな?」
「私には、もっと別のいい人がいるんじゃないかな?」

そんな考えがチラチラ頭をよぎるのが、このくらいの時期です。
これ、皆さん、わりと悩まれます。

「今使っている育毛剤で本当に良かったのかな?」
「このCMしてるやつのほうが、もしかして効果あるんじゃ?」

育毛剤を手にした人は、だいたい2ヶ月、3ヶ月くらいの時期で浮気心がむくむくと芽生えるものなんです。

というのも、育毛剤って、目に見えた効果がすぐ現れるものではないですから。

早く、発毛の実感が欲しいのに、頭皮からの反応はサッパリだったりすると、

「もう、浮気してやるうううう!」
「お前を信じた私がバカだった!」

と発狂しそうになる気持ちも分からないでもないです。

そういえば、付き合い始めの男性からの連絡が途絶えがちになるのも、ちょうどこの時期ですね……

「前はあんなに優しかったのに……」
「ラインは既読なのに……返事がない」
「既読にすらならない……」

フフ、育モウ先生、ちょっとイヤなこと思い出しちゃいました。
あとでワラ人形を買いにいきますかね。

お話を戻しますね。育毛剤。

育毛剤って、名前からして、「ファサッァァァ!」って髪の毛が生えそうなイメージがありますが、
これ、間違いです。

マンガやアニメならば、そんなシーンもあるでしょうけど、
実際にそんなワイルドな発毛の仕方はしません。

育毛先生はね、いつも時間にゆとりがある暮らしをしていますからね、
つまりは、独身の独り身ですからね、
いろんな女性用育毛剤のメーカーに問い合わせたり、
ネットのリアルなクチコミ情報を、いつも穴があくほど見てるんですけどね、

やっぱり、育毛剤って、すぐに効果が現れるもんじゃないんです。

最低でも、使い始めて3ヶ月くらいで抜け毛が減ってきて、
6ヶ月目くらいで、うぶ毛ちゃんがチラホラ生えてくるって人が多いみたいです。

もちろん、個人差もあるけど、育毛剤ってのは、長い目でみてコツコツ使っていく必要があるんです。

特に、これまで頭皮について無頓着で、ろくなケアをしてこなかった場合は、
頭皮自体がカッチカッチに硬くなってたりして、もうね、髪が生える環境じゃあないんです。

ガーデニングに置き換えて考えると一目瞭然です。
カッチカッチで、栄養も行き届いていない、手入れをしてなかった荒野にパンジーの種をおしゃれに撒いたって、
発芽する可能性は低いってもんです。

まずは、土をやわらかく耕して、肥料をあげて、お水もあげますよね。

髪もいっしょ。

カッチカチの頭皮に元気な髪をおしゃれにガーデニングするには、
頭皮をやわらかくして、血流をよくしてあげて、栄養分をたっぷり送り込んであげなきゃあなんです。

なので、育毛剤を使い始めて2ヶ月あたりってのは、
頭皮の環境をじょじょに良好にしていっている段階。

部活でいう、基礎練習で基礎体力をつけてる段階。

じょじょに良くなっていってるのに、そこでほかの育毛剤に浮気してしまったら……

まあ、全部が全部NGとは言わないですが、
ちょっとまだ、見切りをつけるには早すぎるじゃないかなって思うんです。

もし、使っている育毛剤が××××ピー××(商品名、自主規制)とかだったら、
私も全力で止めるんですけど。
いますぐにでもチェンジをおすすめするんですけど。

使っているのは、ベルタ育毛剤ですよね。

ベルタ育毛剤は、成分的に見てもかなり良質な育毛剤の部類に入りますからね。

肉でいうと、A5和牛って感じですからね、ベルタ育毛剤は。

ですので、最低でも6ヶ月使ってみて、それでもダメならチェンジもありだと思いますが、
もう少し、じっくり使ってみてもいいんじゃないかなって思う次第です。

ご参考になれば幸いです。

★今日のまとめ

育毛剤は最低でも6ヶ月使って、様子を見てみましょう

>>女性向けおすすめ育毛剤ランキングはコチラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ