男女兼用育毛剤のメリットとデメリット!

育毛剤には、男性用のものと女性用のものがあります。

結論から言うと、一般的には

「女性は女性用の育毛剤を使ったほうが、効果的である」

とされています。

 

【参考】 →女性が男性用の育毛剤を使うのはアリ?ナシ?

 

ハートの雲

例えば、ヘアスプレーやシャンプーなどは、その効果を最大限に高める為に、
男性用と女性用のものが分けられています。

育毛剤も同様に、男性用と女性用の区分けがされているのですが、

中には「男女兼用」「男女共用」をうたった商品も存在しています。

男性でも女性でも、あらゆる人が使える育毛剤――。

使っていくにあたり、実際の効果やメリットとしてはどうなのでしょうか?

そこで、今回は「男女兼用育毛剤」のメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

男女兼用育毛剤のメリット!

男女の影
男女兼用育毛剤を使うメリットとしては……

・夫婦や家族で1本の育毛剤を共用できる

・育毛剤を買うのが恥ずかしいときに、男性名義で購入ができる

といったところでしょうか。

旦那様やご家族と一緒に使っていくのであれば、経過などを話しつつ、
楽しみながら育毛剤を試すことができます。

また、誰かと共用で同じ種類の育毛剤を使っていくのなら、
購入の手間も1回で済みます。

まとめ買いをすればお値打ちになる商品もありますので、
金銭面で経済的、というのがメリットといえそうです。

男女兼用育毛剤のデメリット

困る男女

男女兼用育毛剤を使うデメリットとしては……

・効果が薄くなる可能性がある

・肌質に合わない可能性が高くなる

男女兼用ということは「誰にでも合う成分」が多く入っているということ。

逆を返せば「当たりさわりのない成分」が入っていたり、
「今の自分が必要としていない成分」で構成されているということです。

もちろん、効果はゼロではないでしょう。
最近では、男女兼用の育毛剤でも、バランスが良いものが多くなってきています。
しかし、どうせ使うなら、最大限に効果を高めたいというのが本音です。

同じ薄毛の悩みとはいえ、
男性と女性ではその原因も状況も違っています。

男性の薄毛は、生え際や頭頂部など、局所的に髪が抜けていくのに対し、
女性の薄毛は、髪が全体的に細くなり、ボリュームが減っていくことが多いです。

悩みの状態が違えば、対策法も異なるというもの。

男性用の育毛剤には、男性ホルモンを抑制する成分、
女性用の育毛剤には、栄養分や美容成分などが豊富に含まれています。

育毛効果をなるべく高めていくためにも、
できるだけ、男性は男性用、女性は女性用の育毛剤を使っていくことをおすすめします。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ