「分け目から地肌が透けてて泣きたい」という女性の為の5つの対策

髪の分け目から見える地肌が気になっている女性は、案外多いものです。

頭をかくす女性

年々、ツヤやボリュームを失い、頼りなくなっていく髪を目の当たりにするのはつらいもの。

薄毛状態が気になりだすと、人に会ったり外出するのも億劫になってきます。

私自身も、薄毛で地肌の透けを気にしていたころは、気分も相当落ち込み、
自分より背の高い人に、頭頂部を見下ろされるのが本当に苦痛でした……。

自宅にひきこもって、いっそ貝になりたい、と思って過ごしていました><

最近では、10代後半や20代の女性でも、髪の分け目の地肌が目だってきて悩んでいる方が多いと聞きます。

そこで、今回の記事では、

髪の分け目が薄くなる原因と対策について、主な対処法5点に絞り書いていきたいと思います。

「分け目から地肌が見えるのはもう嫌!」

という方のご参考になれば幸いです。

ではさっそく……!

【女性】頭頂部の分け目が気になる! 5つの対処法とは?

対策①「分け目を変える」

ヘアセットをする女性
これは、一番即効性があります。

もう何年も同じ分け目で過ごしている、という場合は、
一度、分け目を変えてみることをおすすめします。

分け目を変えると、

・髪が多い部分に分け目を変えることによって、地肌の透けが気にならなくなる
・長年、紫外線のダメージを受けてきた旧来の分け目部分を、いったん休ませてあげられる

といったメリットがあります。

長年、同じ分け目を続けていた場合は、髪にクセがついていて分けづらいかもしれませんが、
そんなときは髪を少し塗らすと分けやすくなるので、ぜひチャレンジしてみてください。

対策②「帽子をかぶる」

麦わら帽子

帽子をかぶってしまえば、分け目がいったんは気にならなくなります。

また、頭皮は、紫外線の影響を受けやすい部位な為、
帽子をかぶることによって紫外線をシャットアウトすることができ、一石二鳥です。

ただし、帽子をかぶるときは、ずっとかぶりつづけず、こまめに着脱をして空気の入れ替えをお忘れなく

緊急時のお出かけにはウィッグを使うのも良いかと思いますが、
汎用すると逆に薄毛を悪化させる原因となるのでご注意ください。

 

対策③「外からの刺激に気を配る」

はさみとクシ

頭皮は、長年のダメージの蓄積によって、薄毛を進行させていきます。

とくに、自分に合っていないシャンプーを使い続けていたり、
髪をぎゅうぎゅうひっぱるようなヘアスタイル――ポニーテールやひっつめ髪、
エクステやパーマ、カラーリングでのダメージなどなど、

さまざまな刺激が要因となって髪に悪影響を及ぼします。

これらは、分け目が気になる方にとって、即効性のある方法ではありませんが、
コツコツとケアしていけば、薄毛の原因を元から改善することが可能です。

「外からの刺激」を少しずつでも減らしていき、
頭皮が健康な髪を維持しやすい環境を作っていきましょう。

対策④「育毛剤&頭皮マッサージで、頭皮に栄養を届ける」

頭のマッサージ

こちらも、即効性があるメニューではありませんが、外から頭皮に有効成分を届けるとこによって、
通常よりも早く薄毛を改善していくことが可能となります。

最近は、女性用の育毛剤も優秀なものが多く販売されているので、
ご自身の頭皮へのスペシャルケアとして、育毛剤を取り入れて、頭皮環境を改善していきましょう。

対策⑤「生活習慣を見直す」

ペットボトルを持つ

生活習慣の見直し、といっても漠然としてしまいますが、

例えば、

・食事はバランスよくとる
・運動をして、血行をよくする
・睡眠たっぷり、質を重視して
・ストレスをためこまない
・タバコはやめる

などなど、「体の中」から改善していくことにより、
頭皮環境も良くしていく、というものです。

女性の薄毛は、生活習慣の乱れが原因となることが多いので、
毎日の暮らしの中で、改善できそうなことから少しずつでも試してみてください。

生活習慣を見直すことによって、生活習慣病にもかかりにくくなるので、
「体の中からの改善」をぜひ、心がけてみてください。

薄毛対策は、外からと中からのWケアで改善を!

以上、頭頂部の分け目から見える地肌が気になる女性の為の、5つの対処法の解説でした。

即効性のある方法から、時間がかかる方法まで色々とありますが、

分け目を変えたり帽子をかぶって、とりあえずの対処をしつつ、

育毛剤&マッサージの「体の外からケア」
生活習慣の改善の「体の中からケア」

を、並行して進めていくのが効果的です。

もう分け目で悩まなくてよくなるように、
健康な髪を取り戻せるように、少しずつでも薄毛対策をしていきましょう!

当サイトが、あなたの髪の健康のお役に立てたら幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ