女性でも薄毛や抜け毛は遺伝するの?

よく耳にするお話で、

「薄毛、抜け毛などの脱毛は遺伝する」

との説があります。

家族

特に男性は、
「ウチの親がそうだから、俺もいつかは……orz」
とお悩みの方は多いようです。

そこで気になるのは「女性の薄毛、抜け毛の遺伝について」ですよね。

まず結論から言うと、

「女性の薄毛・抜け毛と遺伝の関係性は、はっきりとは解明されていない」

そうです。

解明されてないと言われると、なおさら気になりますよね^^;

「遺伝するの、しないの、どっち!?」

――では、もう少し詳しくご説明します!

★通説:女性は「体質遺伝の影響は少ない」

ピンクのバラ

男性の場合の通説では、
「男性型脱毛症は、脱毛しやすい体質が遺伝として受け継がれる」
とわれています。

ただ、女性の髪は男性とは違って、女性ホルモンの影響を受けやすい状態にあります。
よって、女性の場合は体質遺伝の影響は少ない、と言われてはいるようです。

男性に比べると女性の髪は、生活習慣の改善や、育毛剤の使用によって、
良い方向へ効果が出ることが多いそうです。

先にも述べましたように、遺伝では「脱毛しやすい体質」が受け継がれます。

「親戚や親の髪の毛が薄いから、もう自分はダメなんだ!」

と嘆く方もいらっしゃいますが、

もし、遺伝で「脱毛遺伝子」を受け継いでしまったとしても、
「自分が脱毛しやすい体質」だと知った上で正しいケアをすれば、
髪の無事を守ることができる可能性は高まるのです。

 

★これまでの生活習慣を見直すことも必要!

走る女性

遺伝も勿論、気にはなるところですが、
「幼少のころ、育ってきた環境の生活習慣が受け継がれていること」
も気にかけたほうが良いかもしれません。

たとえば、学生のころ、油っこいものばかりを食べて育った、
不摂生な生活をして暮らしてきた、
食卓にインスタントやレトルトものが並ぶことが多かった家庭では、
そういった食生活が当たり前だと思ってしまい、
大人になってからも栄養バランスが崩れたまま日常を過ごしてしまうことが多々あります。

食生活や日常生活が乱れていると、薄毛や抜け毛が助長されてしまいます。

遺伝は気にしてもどうにもならないですが、
食生活や身の回りの生活環境は自分の力で変えることができます。

できることから少しずつ改善していき、健康でツヤのある髪を手に入れましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ