マイナチュレVS薬用ハリモア徹底比較!どっちの育毛剤がおすすめ?

マイナチュレと薬用ハリモアを比較

女性用育毛剤の「マイナチュレ」「薬用ハリモア」を徹底比較しました。

どちらも知名度が高く、口コミ人気も高い女性育毛剤なので、どっちを使っていこうかお悩みの方も多いのではないでしょうか?

当記事では、成分内容・髪や頭皮への効果・コスパ・価格・使用感などを比べて、マイナチュレと薬用ハリモアにはどんな違いがあるのかを検証していきます。

マイナチュレと薬用ハリモア、どちらを使っていこうか検討中のかたは参考にしてください。

マイナチュレVS薬用ハリモアを成分内容で徹底比較!

マイナチュレ 薬用ハリモア
マイナチュレ育毛剤 薬用ハリモアの口コミまとめ
有効成分 3種類 3種類
グリチルリチン酸2K
センブリエキス
ニンジンエキス
酢酸DL‐α‐トコフェロール
天然由来成分 27種 25種
香り 無臭 ローズ系
ナノ化 記載なし ナノ化
容器 ノズル式 スプレー式

有効成分はどちらも3種!頭皮環境を整える成分が配合

マイナチュレも薬用ハリモアも、どちらも医薬部外品の女性向け育毛剤となっています。

育毛有効成分は、双方ともに3種類。


マイナチュレの育毛有効成分は、以下の3種類。
・グリチルリチン酸ジカリウム
・酢酸DL‐α‐トコフェロール
・センブリ抽出液

薬用ハリモアの有効成分は、以下の3種類。
・ニンジンエキス
・センブリエキス
・グリチルリチン酸2K

※成分名は、それぞれの商品に記載されている名称をそのまま書いています。


グリチルリチン酸2Kは、殺菌作用が強い成分で、頭皮での雑菌の繁殖を抑えてフケやかゆみを抑制してくれる働きを持ちます。マイナチュレとハリモア、双方に含まれる成分です。

センブリエキスは、血行促進効果や炎症を防ぐ効果を持っており、毛根細胞の活性化による育毛効果に期待が持てる成分です。マイナチュレとハリモア、双方に含まれる成分です。

酢酸DL‐α‐トコフェロールは、抗酸化作用や血行促進作用を持っており、こちらも頭皮環境の改善に一役買ってくれます。マイナチュレに含まれる成分です。ハリモアには含まれません。

ニンジンエキスは代謝促進効果や血行促進効果があるため、育毛剤に配合されることの多い成分です。マイナチュレとハリモア、双方に含まれる成分ではありますが、有効成分としてうたっているのはハリモアのみとなっています。

こうして有効成分を見比べてみると、マイナチュレもハリモアも、どちらも「頭皮の環境を整えつつ、元気な髪が維持しやすい状態を作ってくれる成分」が含まれていることが分かります。

有効成分の内容に関しては、双方とも大きく差はありませんので、続いては別の観点から両者の違いを掘り下げていきましょう。

 

成分がナノ化されているのは薬用ハリモア

薬用ハリモアの大きな特徴として、成分がナノ化されているという点が挙げられます。マイナチュレは成分ナノ化の記載がないため、おそらくナノ化はされていないとみていいでしょう。

「ナノ化」というのは、ひとことで言うと「小さくする」という意味です。

成分が小さくナノ化されていると、有効成分が浸透しやすくなるというメリットがあります。ナノ化された成分はとても小さな微粒子になっているので、皮膚や細胞のスキマを通りやすくなっているためです。

育毛剤に浸透力を求めたい場合は、薬用ハリモアをチェックしてみるといいでしょう。

>>薬用ハリモアを公式サイトでチェック!
>>マイナチュレを公式サイトでチェック!

マイナチュレと薬用ハリモアの成分危険度の比較!

マイナチュレ 薬用ハリモア
マイナチュレ育毛剤 薬用ハリモアの口コミまとめ
着色料 不使用 不使用
鉱物油 不使用 不使用
エタノール 使用 使用
シリコン 不使用 不使用
紫外線吸収剤 不使用 不使用
香料 不使用 不使用
石油系界面活性剤 不使用 不使用
パラベン 不使用 不使用
フェノキシエタノール 使用 不使用
タール色素 不使用 不使用
合成ポリマー 不使用 不使用
酸化防止剤 不使用 不使用
危険度 ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆

どちらも成分の安全性は高め。敏感肌さんはパッチテスト推奨

薬用ハリモアとマイナチュレに含まれる成分を見比べてみると、双方とも安全性を重視して作られている印象を受けます。

ハリモアもマイナチュレも、育毛液の浸透力を高めるため、かつ、育毛剤の劣化を抑制するためにエタノールが使われている点のみは注意が必要です。

エタノールは必ずしも悪者というわけではなく、殺菌効果や浸透力向上のために配合されている成分。一般的な女性育毛剤に入っている場合は、皮膚に刺激がないように成分濃度を調節してあるため、ふつうに使うぶんには問題ないとみていいでしょう。

ただ、エタノールでアレルギーを起こした経験をお持ちの方や、敏感肌さんなどの場合は使用の前にパッチテストを行うことをおすすめします。

薬用ハリモアの香りはローズ水によるもの

薬用ハリモアは、香料を使っていないにも関わらず、ほんのりとしたバラの香り(ローズ系の香り)がします。これは、ハリモアの基材となっているローズ水によるものですので、香料とは別物です。

ただ、ある程度フローラルな香りが漂いますので、においのない無臭の育毛剤を使いたい場合はマイナチュレがおすすめとなります。

「育毛剤にも良い香りがあったほうがリラックスできる!」という場合は、ハリモアをチェックしてみるといいでしょう。
 
>>薬用ハリモアを公式サイトでチェック!
>>マイナチュレを公式サイトでチェック!
 

マイナチュレと薬用ハリモアの価格比較!

※価格は税抜表示です

マイナチュレ ハリモア
マイナチュレ育毛剤 薬用ハリモア
内容量(1本) 120g 120g
使用できる期間 1ヶ月 1ヶ月
通常購入 5095円+送料 7038円+送料
定期初回 980円 送料無料 3519円 送料無料
定期2回目以降 4457円 送料無料 5371円+送料
定期購入の条件 6カ月継続
いつでも休止解約可
返金保証 180日 30日

初回購入が安いのは圧倒的にマイナチュレ!

マイナチュレと薬用ハリモアの初回価格を比較してみると、圧倒的に値段が安いのはマイナチュレです。

マイナチュレは、初回が980円(税抜)という、ぶっ飛んだキャンペーンが開催されているため、お財布に優しいのが特徴です。

マイナチュレの初回980円キャンペーンは、定期コースでの注文時に適応される価格で、マイナチュレの定期コースは最低6カ月の継続が必要となっていますが、実はマイナチュレの定期コースには返金保証制度も180日間ついてきます。

180日というと約半年の期間です。

つまり、マイナチュレが肌に合わなかった場合は定期コース継続中でも返金保証を申し出ることができることになります。返金保証を利用する際の送料などは負担しなくてはいけませんが、それを踏まえた上でもかなり良心的な価格設定となっていることが分かります。

「はじめて育毛剤を試すけど、最初は安くお試ししたい!」という場合はマイナチュレの初回キャンペーンを要チェックです。
 
>>薬用ハリモアを公式サイトでチェック!
>>マイナチュレを公式サイトでチェック!
 

マイナチュレと薬用ハリモアの口コミを徹底比較!

女性用育毛剤口コミ比較

マイナチュレの口コミ

マイナチュレ育毛剤

■3本目使用中。髪に変化はないが地肌が潤う

使った育毛剤 使用歴 年齢 評価
マイナチュレ 3ヶ月 40歳 ★★★☆☆

マイナチュレ使用、3本目に突入です。今のところ目立った変化はなしですが、地肌のかさつきが落ち着いたように感じています。

乾燥フケが出やすい肌質だったので、良い兆候なのかな。もう少し続けてみるつもりです。


■マイナチュレを3年以上愛用中。抜け毛が減るのがいい

使った育毛剤 使用歴 年齢 評価
マイナチュレ 3年以上 53歳 ★★★★☆

マイナチュレ愛用歴3年ほどになります。マイナチュレに出会う前は、他社の育毛剤を使っていたのですが、どうも肌に合わなかったようで抜け毛がすごいことに。

マイナチュレを使っているときは、ひどい抜け毛が起こらないですし、髪のボリュームもなんとか維持できているのでこのままリピートしていきます!


■髪をかき上げるとサイド部にうぶ毛が出てた!

使った育毛剤 使用歴 年齢 評価
マイナチュレ 6ヶ月 42歳 ★★★★☆

40歳を過ぎたくらいから、髪にハリやコシ、ボリュームが少なくなってきて、なんとなく貧相な感じになってしまい、このままではと情報収集をして出会ったのがマイナチュレです。

最初は「育毛剤なんて、うさんくさいなー」「ほんとに髪が増えるのかなー」と半信半疑でしたが、初回価格が安かったので使ってみることにしました。

マイナチュレを使って最初の3か月目くらいまでは何の変化もナシ。

「これじゃ、髪の手入れの手間が増えただけじゃないか!」と思いつつも、やっぱり髪にボリュームを取り戻す夢を捨てきれず、そのまま使用を続けていったところ、使用5カ月目くらいでサイドの部分にうぶ毛がチョロチョロ生えているのを発見しました。びっくりですよ!


薬用ハリモアの口コミ

薬用ハリモア

■抜け毛対策にハリモア使用。なんとなく毛が抜けにくくなくなった気がする。

使った育毛剤 使用歴 年齢 評価
薬用ハリモア 4ヶ月 36歳 ★★★☆☆

出産後、しばらくして抜け毛がものすごいことになってしまい、どうやら女性ホルモンによるものだということは突き止めたのですがそれでも不安で何か対策をしたくて、薬用ハリモアを使い始めました。

ハリモアを使っていると、使っているという安心感からかホッとできます。フローラルな香りも私好みで良い感じ。

今、4本目のハリモアを使っていますが抜け毛が落ち着いてきたので一安心です。ハリモアの効力によるものなのか、女性ホルモンのバランスが落ち着いてきたからかは不明ですが、私にとってはとても助けられたアイテムでした。


■薬用ハリモアは使い慣れるまでが大変

使った育毛剤 使用歴 年齢 評価
薬用ハリモア 2ヶ月 48歳 ★★★☆☆

女性向けの育毛剤をあれこれジプシーしています。

ハリモアは2本目に差し掛かっていますが、使い慣れるまではスプレーから出る育毛液を頭皮に直撃させるのが難しいですね。これまで、ノズル式でピンポイントに頭皮の気になる場所を狙える育毛剤を使っていたので、スプレー式のボトルはちょっと使いにくさを感じます。

とはいえ、香りもとても好みですし、なんといっても成分がナノ化されているおかげか、地肌にぐんぐん浸透してくれる感じが良いです。

頭皮の美容液感覚で使えて、保湿される感じもするので、もう少し使い続けてみます。


■ハリモアを使って2か月くらいで抜け毛が減ってきた

使った育毛剤 使用歴 年齢 評価
薬用ハリモア 5ヶ月 39歳 ★★★★☆

昔から通っている美容院の美容師さんに「髪がちょっと細くなってきていますね?」と言われて、最初は褒め言葉だと思って喜んでいたのですが、実は「薄毛になってきてるんじゃない?」という意味だったようで、内心ショックでショックで。

このままでは、大切な髪が取り返しのつかないことになると思い、女性用育毛剤のハリモアを使ってみることにしました。

ハリモアを選んだ理由は、私の使っていた化粧品メーカーさん(レバンテのリッツ)が出している育毛剤だったから、ただそれだけです。リッツを使うと肌の調子がいいので、ハリモアも良いものなのかな、と。

ハリモアを使い始めて、最初の1本目くらいまではイマイチ髪への効果が分からなかったのですが、2本目の途中くらいから髪をひっぱっても、髪が抜ける量が減ったように感じました(そもそも髪をひっぱるなという感じですが)

【結論!】マイナチュレと薬用ハリモアはどっちがおすすめ?

マイナチュレ 薬用ハリモア
マイナチュレ育毛剤 薬用ハリモア
価格面
コスパ
有効成分 ◎(ナノ化)
危険度のリスク
使いやすさ
口コミ評価

コスパ重視ならマイナチュレがおすすめ!

マイナチュレの魅力で目立つのは、なんといってもコストパフォーマンスのよさです。

特に、はじめてマイナチュレを使う場合は初回価格が980円、さらには返金保証が180日もの間用意されているという点もあり、手に取りやすいのが魅力です。

「できるだけお金をかけずに、なおかつ良質な育毛剤を使いたい!」という場合はマイナチュレを真っ先にチェックです!
 
>>マイナチュレの初回980円キャンペーンをチェック!
 

浸透力&香りが欲しいなら薬用ハリモアがおすすめ!

有効成分がナノ化されている薬用ハリモアは、毛根細胞に有効成分が届きやすく、なおかつ浸透力が高いのが特徴です。

ただ、薬用ハリモアにはローズの香りがありますので、ここで好みが分かれそうですが「香りのある育毛剤でもOK」「むしろ香りつきの育毛剤が使いたい!」という場合は、薬用ハリモアがおすすめとなります。
 
>>薬用ハリモアを公式サイトでチェック!
 

ノズル式が好みならマイナチュレ、スプレー式ならハリモア!

マイナチュレと薬用ハリモアの大きな違いとして挙げられるのは、ボトル容器の形状です。

マイナチュレはノズル式の容器薬用ハリモアはスプレー式の容器となっています。

「ノズルで、地肌の気になるところにピンポイントで育毛液を塗っていきたい」という場合はマイナチュレがおすすめです。

反対に「スプレー式の容器で、衛生的に頭皮ケアをしていきたい」という場合は薬用ハリモアがおすすめとなります。

マイナチュレと薬用ハリモア、両者の違いから見る結論は以下のようになります。

★マイナチュレがおすすめな人
マイナチュレ育毛剤

・コスパ重視!できるだけ安く育毛剤が使いたい
・ノズル式の容器が好き
・育毛剤のにおいが苦手、無臭の育毛剤を探している
 
>>マイナチュレを公式サイトでチェック!
★薬用ハリモアがおすすめな人
薬用ハリモア

・スプレータイプの容器が好み
・育毛液の浸透力を重視したい
・育毛剤は香り付きが好み(ローズの香り)
 
>>薬用ハリモアを公式サイトでチェック!

サブコンテンツ

このページの先頭へ