正しい髪の乾かし方!ドライヤーを極めし者は薄毛・抜け毛を制す!

シャンプー後のドライヤー。

抜け毛や薄毛が気になりだすと、ドライヤーをかけるのも怖くなってきますよね。

夜

「こんな熱風を当てて、頭皮は大丈夫かな……」
「髪が抜けないように、そろ~っと乾かそう……」

私も薄毛が気になっていたころは、1本でも多くの髪をいたわりたくて、
ビクビクしながらドライヤーをかけていました^^;

特に、ドライヤーの熱が髪に負担をかけそうで怖い怖い……。

「いっそ、自然乾燥で済まそう」と思った時期もありましたが、
ドライヤーは正しく使えば髪にとって、強い味方になってくれます。

ここでは、
「正しい髪の乾かし方、ドライヤーを使用するための注意点」を解説していきたいと思います。

 

★前準備! 洗髪後はまずタオルドライをしましょう

タオル

濡れた髪のキューティクルは痛みやすくなっています。
シャンプー後は、できるだけ早く乾かしてキューティクルを守ってあげましょう。

まずは、すぐにタオルドライをするのがポイントです。

髪、頭皮に残った水分をタオルで優しく吸収します。
なるべく柔らかいタオルを使ったほうが良いです。

このとき、ぜったいにゴシゴシとこすってはダメです。

タオルドライをしておくことによって、ドライヤーをかける時間を短縮することができます。

 

★ドライヤー使用時の注意点3点!

注意点

ドライヤーが髪を傷める原因は、大きく分けて3つ。

①高温の熱風
②長時間の使用
③ドライヤーを近づけすぎる

これらが続くと、髪や頭皮は大きなダメージを受けてしまいます。

逆を返せば、これらを避けて上手にドライヤーを使えば、ダメージは少なくなります。

正しいドライヤーの使い方は、

○同じ場所に温風が3秒以上あたらないようにする
○頭皮、髪から20cm以上離す

これらを意識しながら、まずは、頭皮を乾かします。
髪に手ぐしを入れながら、根元のほうに風を当てていきましょう。

次に、下から上に向かって温風をあてていきます。
まんべんなく、髪の8割くらいを乾かしましょう。

10割乾かしてしまうと、頭皮が乾燥しすぎてしまいトラブルの元になるので気をつけてください。

また、可能であれば、
ドライヤーは「なるべく湿度の低いところ」で使用するのが望ましいです。

洗面台やお風呂場の近くで髪を乾かすと、湿気によって髪の乾きが遅れます。
すると、ドライヤーを通常よりも長い時間使わなくてはいけなくなり、
結果、髪や頭皮を傷めてしまいます。

 

★まとめ

水滴

抜け毛や薄毛を気にするからといって、髪を濡れたままの状態にはせず、
正しい使い方でドライヤーをかけてあげましょう。

特に、髪が濡れたままの状態で眠ってまうようなことはぜったいに避けてくださいね。

→ 髪が濡れたまま寝てはいけない理由4点を解説!

サブコンテンツ

このページの先頭へ