朝のシャンプーは髪にいいの?悪いの?

20年程ほど前でしょうか。

「朝シャン」という言葉が流行りはじめたのは。

朝日の当たる部屋

当時は「朝にシャンプーをすると、清潔だしお洒落!」という感覚で、
皆が皆、こぞって朝にシャンプーしていたものです。

かく言う私も、朝シャン派でした。
朝に髪を洗うと、目が覚めやすいし、寝グセではねてしまった髪のセットも楽チン、
一日を通して、髪からふわっとした香りがするのも嬉しかったです。

しかし最近になって、今度は

「朝にシャンプーをすると髪が抜けるので,しないほうがいい」

との説が浮上してきました。

昔は良しとされてきたものが、色々な研究を考慮した結果、
今はNGとなることは良くあるお話ですが……

結局のところ、

「朝シャンプーするのは、いいのか、悪いのどっちなんだあああ!」

って感じですよね。

結論から言うと、やはり最近の説である、
「朝はシャンプーしないほうがいい」というのが正解のようです。

以下、朝シャンが抜け毛につながる理由3点を解説していきます。

お風呂セット

 

朝シャンをやめたほうがいい理由① 「朝は慌しいので丁寧に洗えない」

朝は外出の準備や1日の支度、家事などで1分1秒を争うという方もいらっしゃると思います。
中には「ごはんもいらない、少しでも長く寝ていたい……」という方も多いはず^^;

そんな、何かと時間のない早朝に髪を洗おうとしても、あわててしまってなかなか丁寧に洗えない、
すすぎ残しがあったり、頭皮をガシガシとこすりすぎてしまったり……。
またはキチンと乾かせない、というケースが多くなってしまいます。

雑なシャンプーは、頭皮を痛める原因に直結します。

特に、すすぎが不十分でシャンプー剤をきれいに洗い流さないようではせっかくのシャンプーも
逆効果になりかねません。
市販のシャンプー剤の多くには、石油合成系の界面活性剤が含まれており、
それが頭皮に残ってしまうと皮膚に浸透して毛根にダメージを与えてしまうからです。

 

朝シャンをやめたほうがいい理由② 「紫外線から髪を守る庇護膜ができていない為」

シャンプーをした後の頭皮は、紫外線に対する「保護皮膜のようなもの」を分泌します。
この「庇護膜(ひごまく)」が髪の毛を守る要素となってくれるのですが、
庇護膜が出るのは、実はシャンプーしてから6時間以上経ってからと言われているのです。

ということは……
朝シャンプーしてからすぐに出かけると、髪にはまだ庇護膜が形成されておらず、
紫外線の影響を直で受けてしまう結果に……。

目に見えないので普段はまったく気づかない「庇護膜」ですが、私たちの髪を守るために
ひそかに活躍してくれていたのです。

庇護膜、様様ですね^^

 

朝シャンをやめたほうがいい理由③ 「頭皮の毛穴への刺激が強すぎる」

朝起きたとき、寝起きのときは、頭皮の毛穴は開いた状態となっています。

では、頭皮の毛穴が開いた状態でシャンプーをすると……?

そう、

毛穴が開いているため、シャンプーが毛穴につまりやすくなり、
すすぎを念入りにしないと、シャンプ剤が頭皮に残った状態になってしまいます。

毛穴への過剰な刺激は与えてしまい、抜け毛や薄毛を促進する原因となってしまいます。

もし、夜もシャンプーして朝もシャンプーする「2度シャンプー」を実践するとなった場合は、
さらに「皮脂の落としすぎ」の心配も出てきます。

皮脂を落とし過ぎると、頭皮が乾燥してしまいます。
頭皮の細胞は賢いので、その乾燥を防ぐために、更なる皮脂の分泌をし、
洗っても洗ってもベタベタする原因になってしまいます。

シャンプーは1日1回に留めておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ